アナンタラ・ジャバルアフダル クリフプールヴィラ宿泊記@オマーン

f:id:mia-travelista:20190729004201j:plain
オマーンの絶景リゾート、アナンタラジャバルアフダル(ジャバルアフダール)では、アナンタラクリフプールヴィラというヴィラに滞在しました。

プライベートプール付き&テラスからはジャバルアフダル山を楽しめるヴィラです。

 

またアナンタラでは、ヴィラ以上の滞在で専属のバトラーが付き何から何まで親身に対応をしてくれるという、遠いけれど行く価値は十分にあるリゾートだと思いました。

 

(1) リビング&ベッドルームからも絶景

f:id:mia-travelista:20181125115306j:plain
ヴィラに入るとまず目にはいるのはリビング&プライベートプール。そしてジャバルアフダル山の景色です。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115312j:plain
リビングにはソファ、テーブルなどが。なかなかに広々としていて居心地も良いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115309j:plain
アナンタラの清掃は本当に丁寧。ターンダウン時でさえ1時間もかけて清掃してくれるという・・・

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115303j:plain
眠っている画家としての才能を発揮しようと思いましたが、紙が無駄になりそうなのでやめました(=`ω´=)。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115340j:plain
お水は毎日4本以上たっぷりと補充されます。

 

アナンタラジャバルアフダルのサービスレベルはハウスキーピングの方も含め総じて高い!床掃除の仕上げにローズウォーターを吹きかけているらしく、お部屋はいつもほんのり薔薇の香りがしていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115343j:plain
グラス類。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115337j:plain
スパに行く時に重宝したバッグ。アナンタラジャバルアフダルリゾートのスパもとても素敵なので、また後日ご紹介したいと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115324j:plain
ウェルカムアミューズ&フルーツ。一番左のサーモンのがすごく美味しかった。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115321j:plain
ウェルカムスパークリングワイン。私たちはお酒がそこまで得意ではなく、1日目飲まずにいたら、

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115327j:plain
2日目に氷を新しいのにかえてくれました。

 

当たり前のことと言ったら失礼かもしれませんが、こういう心遣いが9月に訪れたセントレジスモルディブでは一切なかったので、すごく心が温かくなりました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115259j:plain
続いて隣のベッドルームへ。リビング&ベッドルームは隣同士になっていて、プール&テラスがどちらのお部屋にもまたがっている造りです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115318j:plain
ベッド。毎日デコレーションされるバスタオルたち。ある日は象だったり、ある日はカメだったり。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115346j:plain
ベッドの後方にあるデスク。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115352j:plain
更に後方にあるクローゼット。このサイズのクローゼットが2つありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115250j:plain
スリッパとか。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115315j:plain
もう一つのクローゼットにはセーフティーボックス。ジュエリーボックスもあって便利。

 

 

f:id:mia-travelista:20190729004158j:plain
ベッドルームからの景色。朝目覚めてこの景色が目に飛び込んでくるという素晴らしさ。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115333j:plain
ターンダウンでもらえるチョコレート。これは毎晩同じでした。

 

 

(2) まるでハマム!なバスルーム編

f:id:mia-travelista:20181125115709j:plain
続いてバスルームエリアです。ダブルシンクになっていますが、こちら側は窓がないのでちょっと暗いかな。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115712j:plain
シンクが浅くて使い勝手は普通。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115715j:plain
アメニティはやはりアムアージュ(AMOUAGE)。

 

オマーンなのでもしかしたらと思っていたらやはりでした。資源削減のため、こういうのは使わないのですが、1セットだけ使ってみました。でも香りが好みじゃなく・・・・やっぱりアロアソかオージュアが好き。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115703j:plain
トイレ。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115654j:plain
そしてバスルームが・・・・まるでちょっとしたハマムで可愛い。手前側がシャワー、奥側がバスタブとなっています。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115651j:plain
外からは光がたっぷり入るようになっているので明るい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115717j:plain
シャンプー類も全てアムアージュでした。オマーン王室御用達とか、オマーン最高峰の香りとか称されるアムアージュです。初めて使ったけれどなかなかに良し(=`ω´=)

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115723j:plain
バスタブも広め。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115657j:plain
やはりラッシュの泡ぶろを持参。プラゴミはもちろん持ち帰り。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115700j:plain
バトラーのジョアミがある日作ってくれた泡ぶろ。

 

アナンタラはバトラー教育にもとても力をいれているようで、ジョアミは日々嬉しいサプライズ(メッセージカードをくれたり、色んなアイデアで楽しませてくれました。

 

他にも、ケーキをくれたり、スパークリングワインを追加でくれたり、泡ぶろを作ってくれたり、薔薇風呂を作ってくれたり、フルーツをカットしてくれたり・・・嬉しいね。

 

 

(3) ジャバルアフダル山を見渡せるテラス & プライベートプール

f:id:mia-travelista:20181125120115j:plain
さてテラスへ出てみましょう!

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120126j:plain
プライベートプールはけっこう広いです。また水温も高く設定されているので、外が寒くてもけっこう快適に入れました。ただしあがった時は寒い・・・(;´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120103j:plain
テラスにはデッキチェア2台、テーブル&椅子セットが2台ずつありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120105j:plain
日が当たる時間は暑いけれど、朝~10時頃や夕方はとても過ごしやすい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120111j:plain
隣も壁があるし、プールの奥側は出るの禁止なのでプライバシー感もばっちり。もちろんドローンはNGです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120120j:plain
たまにスズメのような小さな鳥が飛んでくるだけで、本当に静か。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120135j:plain
朝にコーヒーを淹れて、山々と鳥を眺めながら過ごす時間が最高に贅沢に感じました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120129j:plain
マウンテンビューとインフィニティプール。プライベートプールなので心からリラックスできます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120138j:plain
気取って読書タイム(=`ω´=)

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120100j:plain
やっぱりオマーンでも時差で朝5時とかに目が覚めてしまう。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120148j:plain
クリフプールヴィラはお部屋正面にサンライズ&サンセットは見れませんが、それでも十分なほどの景色を毎日楽しめました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120142j:plain
夜の雰囲気も最高ですが、朝晩は気温がだいぶ低いので長時間外で過ごすには不向きかもしれません。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121203j:plain
お部屋に置いてあった世界のHideawaysリゾート特集。やっぱり大好きなモルディブを中心にじっくり見てみました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121208j:plain
憧れのモルディブリゾートThe Nautilus。

 

バア環礁に新しくオープンしたリゾートで、SLH(スモールラグジュアリーホテル)加盟のミライドゥを更に豪華にしたヴィラ&リゾートです。Ownershipはバロス、ミライドゥ同様のUniversal resorts(らしい)のですがモルディブの複雑なOwnership事情でそういった情報は伏せられているとかいないとか。

 

行ってみたいけれど、このようなハイエンドなリゾートは、少なくても2週間、3週間以上滞在する人がほとんど、と友人からきいたので、なかなか・・・・

 

日本国内なら別ですが、海外リゾートでハイエンドなところって、短期で行くのはちょっと。。。って、あたりまえですね(;´Д`)。長期で行ける財力をつけてから(←宝くじにあたったら)行こうと思ってます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121152j:plain
ミライドゥ!!!!2018年5月に訪れた愛するミライドゥ。その他にもO&O、ソネバなどが載っていました。でも私は小さい島が好きなので、どっちも行かないだろうな~。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121155j:plain
今回訪れたアナンタラも。他にも色々なリゾートが載っていて、見ているだけで目の保養になりました。

 

年末のこの時期になると、私は壮大な夢を見ます。宝くじが何枚もあたって、プライベートジェットに乗って世界中のリゾートめぐりをするんです。

 

そしてモルディブには6か月くらい滞在して・・・・1リゾート最低1か月はいたいけどビザの問題があるから途中シンガポールに何度か帰国したり、ドバイで過ごしたり。

 

あぁでも6か月もモルディブにいたら焼けちゃうし野菜不足になるし食べ物どうしようと悩んだところで、そんな心配無用だったと、現実に戻るっていう、ね(=`・´=)

コメント