【宿泊記】クリフプールヴィラ | アナンタラ・ジャバルアフダル@オマーン

f:id:mia-travelista:20190729004201j:plain
オマーンにあるアナンタラ・ジャバルアフダル(ジャバルアフダール)では、クリフプールヴィラというお部屋に滞在しました。

プライベートプール付き、テラスからはジャバルアフダル山を楽しめるヴィラです。

 

 

(1) リビング

f:id:mia-travelista:20181125115306j:plain
ヴィラに入るとまず目にはいるのはリビングとプライベートプール。

 

そして外のテラスからは、中東のグランドキャニオンとも言われる、ジャバルアフダル山の景色が楽しめます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115312j:plain
リビングにはソファ、テーブルなどが。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115309j:plain
アナンタラの清掃は本当に丁寧です。ターンダウン時でさえ1時間もかけて清掃してくれます。

 

また、床掃除の仕上げにローズウォーターを吹きかけているらしく、お部屋はいつもほんのり薔薇の香りがしていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115303j:plain
キャンバスと色鉛筆が置いてありました。

 

まだ眠っている、私の画家としての才能が目覚めるかも、とペンをとりましたが、紙が無駄になりそうな気がしたのでやめました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115340j:plain
バーエリアにはコーヒーマシン。お水は毎日4本以上たっぷりと補充されます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115324j:plain
ウェルカムアミューズとフルーツ。一番左のサーモンのがすごく美味しかった。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115321j:plain
ウェルカムスパークリングワイン。

 

私はお酒がそこまで得意ではないので、1日目は全く飲まずにいたら、

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115327j:plain
2日目に氷を新しいのにかえてくれていました!

 

このような心遣いが、9月に訪れたセントレジスモルディブでは一切なかったので、すごく心が温かくなりました。

 

 

(2) ベッドルーム

f:id:mia-travelista:20181125115259j:plain
続いて隣のベッドルームへ。

 

リビング&ベッドルームは隣同士になっていて、プールテラスがどちらのお部屋にもまたがっている造りです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115318j:plain
毎日デコレーションされるバスタオルたち。ある日は象だったり、ある日はカメだったり。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115346j:plain
ベッドの後方にあるデスク。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115352j:plain
更に後方にあるクローゼット。このサイズのクローゼットが2つありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115315j:plain
もう一つのクローゼットにはセーフティーボックス。ジュエリーボックスもあって便利。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115250j:plain
スリッパなど。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115337j:plain
スパに行く時に重宝したリゾートバッグ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190729004158j:plain
ベッドルームからの景色。朝目覚めてこの景色が目に飛び込んでくるという素晴らしさ。

 

 

(3) まるでハマム!なバスルーム

f:id:mia-travelista:20181125115709j:plain
続いてバスルームエリアです。

 

ダブルシンクになっていますが、こちら側は窓がないのでちょっと暗いかな。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115712j:plain
シンクが浅くて使い勝手は普通。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115715j:plain
アメニティはやはりアムアージュ(AMOUAGE)でした。オマーンなのでもしかしたらと思っていたらやはり。

 

資源削減のため、普段はこういうのは使わないのですが、1セットだけ使ってみました。

 

でも香りが好みじゃなく・・・・やっぱりアロアソかオージュアが好きだなぁ。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115703j:plain
トイレ。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115654j:plain
そしてバスルームが・・・・まるでちょっとしたハマムで可愛い。

 

手前側がシャワー、奥側がバスタブとなっています。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115651j:plain
外からは光がたっぷり入るようになっているので明るい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115717j:plain
シャンプー類も全てアムアージュでした。

 

オマーン王室御用達とか、オマーン最高峰の香りとか称されるアムアージュです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115723j:plain
バスタブも広め。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115657j:plain
やはりラッシュの泡ぶろを持参。プラゴミはもちろん持ち帰り。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115700j:plain
バトラーのジョアミがある日作ってくれた泡ぶろ。

 

アナンタラはバトラー教育にもとても力をいれているようで、ジョアミは日々嬉しいサプライズをしてくれました。

 

 

(4) テラス・プライベートプール

f:id:mia-travelista:20181125120115j:plain
さてテラスへ出てみましょう!

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120126j:plain
プライベートプールはけっこう広いです。

 

また水温も高く設定されているので、外が寒くてもけっこう快適に入れました。ただしあがった時は寒い・・・

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120103j:plain
テラスにはデッキチェア2台、テーブルと椅子のセットが2台ずつありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120105j:plain
日が当たる時間は暑いけれど、朝~10時頃や夕方はとても過ごしやすい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120111j:plain
隣も壁があるし、プールの奥側は出るの禁止なのでプライバシー感もばっちり。

 

もちろんドローンはNGです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120120j:plain
たまにスズメのような小さな鳥が飛んでくるだけで、本当に静か。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120135j:plain
朝にコーヒーを淹れて、山と鳥を眺めながら過ごす時間が、最高に贅沢に感じました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120129j:plain
プライベートプールなので心からリラックスできます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120138j:plain
リゾートでの読書が本当に好き。

 

家で読むより、静かなリゾートで、絶景を見ながら、自然の音を聞きながらの読書が一番すすむんです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120100j:plain
早朝。時差で、鳥より早く起きちゃった。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120148j:plain
クリフプールヴィラからサンライズ&サンセットは見れませんが、それでも十分なほどの景色を毎日楽しめました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125120142j:plain
夜の雰囲気も最高ですが、朝晩は気温がだいぶ低いので、長時間外で過ごすには不向きかもしれません。

 

10~11月の夜もけっこう冷えるので、長そでは必須です。

 

 

素晴らしいバトラーサービス

アナンタラでは、ヴィラ以上の滞在で専属のバトラーが付きます。

 

今回、アナンタラ系列リゾートは初めての訪問でしたが、バトラー教育にもかなり力を入れているようで、何から何まで親身に対応をしてくれました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072006j:plain
今回バトラーとしてついてくれたジョアミは本当に親切で、ウェルカムフルーツをカットしてくれたり、

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072024j:plain
ふとチョコレートが好きと言っただけでチョコレートケーキを無料でくれたり。

 

オレンジジュースもつけてくれたり。なんて優しいんだろうと感動しっぱなしでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072009j:plain
スパ・サウナの帰り、ほてった顔でトロトロ歩いてたらちょうどジョアミと出会い、

 

ジョアミ「どうしたの、熱ですか?」

私「ううん、サウナで長居してしまって。すぐ顔が赤くなっちゃうんです。」

ジョアミ「では、お水をたくさん届けますね。」

と会話した、約30分後。

 

Get well soonのメッセージ付きカードと、お水を10本くらい無料で届けてくれたんです。

 

ただ顔が・・・顔が火照ってただけなんだけど・・・・(;´Д`)ちょっと恥ずかしいけれど、でもすごく嬉しかったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125115700j:plain
その他にも、サプライズの泡ぶろを作ってくれたり、

 

 

f:id:mia-travelista:20200122203311j:plain
スパークリングワインを2本もくれたり笑。

 

お酒はあまり飲めないので、1本はあけずに返しました。気持ちだけ受け取っておきました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072042j:plain
そしてまたある日・・・・ロマンティックバスも準備してくれていたのです。

 

もちろん、何かお願いしたわけではありません。

 

ジョアミは、自分が担当となったゲスト全員に、毎回このようなお風呂を作っているそうです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072033j:plain
なんとっ!薔薇の花びらまで。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072039j:plain
バターミルクバスというらしく、お湯がとろんとろんですごく気持ちよかった。

 

保湿&リラックス効果があるらしい。バターと薔薇の香りがとっても良かったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072012j:plain
そして帰る時にプレゼントまで。

 

 

f:id:mia-travelista:20181127072015j:plain
左からお手紙入れ←中にメッセージがはいっていた、オマーンで作られているバラのお水、バラのような香りのする石でした。

 

ほかにも写真には残せないようなサプライズもたくさんで、すっかりアナンタラの魅力に魅了されてしまったのでした。

 

 

おまけ

f:id:mia-travelista:20181125115333j:plain
ターンダウンでは、チョコレートがもらえました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121203j:plain
お部屋に置いてあった世界のHideawaysリゾート特集を、じっくり見てみました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121208j:plain
憧れのモルディブリゾートThe Nautilus。

 

バア環礁に新しくオープンしたリゾートで、SLH(スモールラグジュアリーホテル)加盟のミライドゥを更に豪華にしたヴィラ&リゾートです。

 

 

バロス、ミライドゥ同様のUniversal resorts(らしい)のですが、モルディブの複雑なOwnership事情でそういった情報は伏せられているとかいないとか。

 

行ってみたいけれど、このようなハイエンドなリゾートは、少なくても2週間、3週間以上滞在する人がほとんど、と友人からきいたので、なかなか・・・・

 

 

日本国内なら別ですが、海外リゾートでハイエンドなところって、短期で行くのはちょっと気が引けますよね。

 

長期で行ける財力をつけてから(←宝くじにあたったら)行こうと思ってます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121152j:plain
2018年5月に訪れた、愛するミライドゥも載っていました。

 

その他にもO&O、ソネバなどが載っていましたが、私は小さい島が好きなので、どっちも行かないだろうな~。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125121155j:plain
今回訪れたアナンタラも。他にも色々なリゾートが載っていて、見ているだけで目の保養に。

 

 

年末のこの時期になると、私は壮大な夢を見ます。

 

宝くじが何枚もあたって、プライベートジェットに乗って、世界中のリゾートめぐりをするんです。

 

 

そしてモルディブには、6か月くらい滞在します。

 

でも、モルディブはビザの問題があるから、途中シンガポールかドバイとかで過ごしたりしないといけないよね。

 

ん~でも、6か月もモルディブにいたら焼けちゃうし、野菜不足になるよなぁ・・・どうしよう?

 

 

・・・と悩んだところで、そんな心配無用だった、と。現実に戻るっていう、ね。

 

続き↓

使い放題のジャグジー&サウナ! アナンタラ・ジャバルアフダル オマーン
ジャバルアフダル山(ジャバルアルダール)の中に位置する、アナンタラリゾートには、滞在者なら誰でも無料で利用できる、ジャグジー&サウナがあります。 利用について お風呂&サウナ利用だけなら、特に予約の必要はありません。...

コメント