ペナンE&Oホテル 1885でのアフタヌーンティー感想&予約方法

f:id:mia-travelista:20180723081430j:plain
マレーシア、ペナン島でのアフタヌーンティーといえばイースターンアンドオリエンタルホテル(E&O)の1885が有名です。

 

今回のペナン旅行では、E&Oのアフタヌーンティーと、サフォークハウスのアフタヌーンティーを食べ比べしてみました。

 

 

(1) E&Oホテルの場所

ホテルはジョージタウンに位置しています。

 

E&Oホテルは、ヘリテージウィング(旧館)とヴィクトリーアネックス(新館)とあり、それぞれ入口が異なります。

 

 

アフタヌーンティーを楽しめる1885は旧館・ヘリテージウィング側

 

ヴィクトリーアネックス側からも一応歩けますので(徒歩6分くらい)、間違えてもそこまで問題はなし。

 

 

f:id:mia-travelista:20180611193545j:plain
E&Oホテルは、真っ白なコロニアル様式の建物で、アジアにいるとは思えないこの雰囲気。

 

 

(2) 金額&予約方法

f:id:mia-travelista:20180723081440j:plain
E&Oホテルのアフタヌーンティーは、14:00~17:00の間に楽しむことができます。

 

金額はなんと、二人で3,300円ほど!(2018年情報)

 

 

予約について

私たちが訪れたのは平日ですが、全席うまっていたので事前に予約した方が良いのかもしれません。

 

ホテル宿泊客以外の方は、E&OホテルのHP→一番下にあるメールアドレスか、又は問い合わせからメッセージを送れば多分大丈夫なはずです。

 

私たちはこのホテルに泊まったのですが、HPからのお部屋予約時に、一緒にアフタヌーンティーの予約もできました。

 

 

(3) アフタヌーンティー内容

f:id:mia-travelista:20180723081443j:plain
窓側の席をリクエストしたら、お庭が見える席にしてもらえました。

 

全席うまっていましたが、そんなにガヤガヤしているわけではなく、かといって静かすぎるわけでもなくちょうど良い雰囲気。

 

 

f:id:mia-travelista:20180723081735j:plain
紅茶の種類もなかなか豊富です。

 

私はアイリッシュウィスキークリームを、夫はソフトピーチをオーダー。

 

 

f:id:mia-travelista:20180723081454j:plain
二段トレーには、サーモンサンドイッチ、たまごパン、チキングジェールなど。どれも美味しくて幸せを感じる味。

 

 

f:id:mia-travelista:20180723081448j:plain
二人で3,300円とは思えないほどのボリューム!

 

 

f:id:mia-travelista:20180723081502j:plain
スイーツ類。黄色のはものマンゴーか何かのタルトなのですが、びっくりするくらい甘いです。

 

この甘いタルトとパンダンゼリー(緑の)以外は万人受けする味だと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180723081458j:plain
スコーンはまぁまぁかな。クロテッドクリーム、ジャム類は美味しい。

 

 

(4) サフォークハウスと比べてみての感想

こちらの1885へ行く前に、ペナンのアフタヌーンティーでもう一つ有名なサフォークハウス(Suffolk House)も行ったのですが、私としては、サフォークの方が好きです。

 

サフォークハウスのアフタヌーンティーは、見た目は素朴で量も少ないのですが一品一品がとても仕上がっていたのと、チキンパイ、スコーンがすごく美味しくて。

 

サフォークハウスは邸宅の雰囲気も良く、個人的にはサフォークの方がオススメかな、と思いました。

マレーシア ペナンの大邸宅でアフタヌーンティー サフォークハウス
1805年、ペナンで一番最初に建てられたという大邸宅、サフォークハウス(Suffolk House)にてアフタヌーンティーができると知り、行ってきました。 (1) サフォークハウスの場所 サフォークハウスは、私た...

コメント