アマノイのロックスタジオでデスティネーションダイニング

2020年1~2月にかけて訪れたアマノイのロックスタジオ。この場所がとても気に入ったので、ここでのデスティネーションダイニングをお願いすることにしました。

 

 

(1) 代金に含まれるもの 

ロックスタジオには、テラスと室内のお部屋もあり、どちらも全て貸切にすることが可能です。

 

ちなみに、デスティネーションダイニング代金(だいたい2人で26,000円ほど)に含まれるのは、

  1. 場所の貸切
  2. セットアップ
  3. 専用の給仕係
  4. 食事

と、飲み物以外は全て含まれます。

 

お金はかかりますが、プライベートで静かに食べられること、専用の給仕係がついてくれること、何よりセットアップがとても綺麗なこと、を考えるとよい体験なのではないかな、と私は思います。

 

※ちなみに、先日書いたBBQの場合は専用のシェフも付きます

レイクパビリオンでの、ロマンティックBBQディナー@Amanoi
2020年1~2月に訪れたベトナムのアマン、アマノイ。到着した初日の夜は、敷地内にあるレイクパビリオンでのロマンティックディナーをお願いしました。 景色も綺麗でお料理も美味しく、とってもオススメですが、虫の数はかなり多いので、苦手...

 

 

(2) ロックスタジオのセッティング

ダイニングの時間になったので、歩いてロックスタジオへ向かいます。ランタンがベトナムっぽくて可愛い!

 

もうブログでは何回も書いていますが、私たちのディナー開始時間は、どこへ行ってもだいたい18時くらいから。

 

遅い時間に食べると胃もたれをおこすし、何より真っ暗な空の下食べるより、明るい時間で景色を楽しみたいから。

 

 

ロックスタジオからの景色。遠くに海が見えます。

 

暗くなると、灯りに誘われて虫が入ってくるそうなので、最初の20分くらいだけ窓をあけてもらいました。

 

私はけっこう、屋外で風を感じるのが好きなので、ヨガ、食事、瞑想、読書・・・室内でするより、何でも外でする方が好きだったりする。

 

といいつつ、ただ外だったら良いわけではなく。車の音や、都会の喧騒が聞こえない、ビルとか近代的な建物が一切見えない環境(=大自然の中)が好きなので、シンガポールだったり、東京での暮らしが続くと、けっこう疲れてしまう。分かる人いますか??

 

 

テーブルセッティングは、クロスはもちろんのこと、キャンドルやお花までセットしてくれていました。とっても綺麗だしセンスがありますよね。

 

私はテーブルコーディネートやインテリアなど、全くセンスがないので、放っておくと家の中がおかしなことになっちゃう。

 

 

(3) ディナー内容

ドリンクは冷えたココナッツジュースにしました。

 

 

アミューズブーシュは茹でた鶏肉。フィッシュソース、チリ、ライムなどを使ったソースで美味しい。

 

 

焦点が奥のスプーンにいってるけれど・・・パン。アマノイのパンはとっても美味しいよ。

 

 

ロックスタジオでの夕食は、レストランメニューから選ぶようになります。

 

アマノイのディナーメニュー・メイン料理は大きく分けて3種類

  • ベジタリアン
    • 野菜のフライドライス
    • 豆腐入りライスヌードル
  • シーフード
    • 海老&エッグヌードル
    • イカのサテー
    • サーモン
  • お肉
    • チキン
    • ダック
    • ポーク
    • ビーフテンダーロイン

です。

 

他にももちろん前菜やスープなどありますが、記録を残していなくて・・・1年も前のことなので、記憶からも消えてしまいまして・・・

 

 

何を頼んだか覚えていないので、写真だけ載せます。

 

ちなみに、デスティネーションダイニングの場合、どのメニューを頼んでも同じ金額だそうです(2020年時点情報)

 

 

 

確か、何かの野菜巻きとビーフと豚肉を頼んだ気がします。どれもとっても美味しかったのは覚えているのですが、何を頼んだのかははっきり覚えていなくて。

 

 

夕暮れ後、藍色に染まる空もとっても綺麗です。

 

せっかく素敵な場所なのに、バーとしての開放はしていないそう。でもアマンなので、お願いすればお酒とかドリンクを飲むこともできそうですね。

 

 

外が真っ暗になった頃に夕食を終え、ヴィラへと戻ります。

 

 

ランタンが飾られた坂道を下って。

 

続き→アマノイのアフタヌーンティー
前回→アマノイの朝食

コメント