故ダイアナ妃が降り立った場所 アナンタラ・ジャバルアフダールの絶景を歩いてみる

f:id:mia-travelista:20181125105557j:plain

オマーン・マスカット国際空港から約2時間半。

 

ジャバルアフダル山にある、故ダイアナ妃が訪れた場所「ダイアナポイント」を歩いてみました。

 

 

アナンタラ・ジャバルアフダルを歩く

f:id:mia-travelista:20181125105641j:plain
マスカット国際航空から車で約2時間半。

 

ようやく到着したアナンタラにて、ウェルカムドリンクとナツメ、マカロンのウェルカムスイーツを。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105653j:plain
アナンタラのヴィラ以上滞在で専属のバトラーがつくので、何でもバトラーにお願いすることができます。

 

私たちを担当してくれるバトラー・ジョアミに連れられ、リゾート内を歩いてみます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105638j:plain
ちなみにリゾート内はバギーでの移動も可能です。

 

何せ標高2,000メートルなので・・・ちょっと長く歩くと息切れするし、スムーズなバギーサービスはとても助かりました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105605j:plain
乾いた風と土が、私のイメージする中東にとてもぴったり!

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105650j:plain
リゾート内は宿泊客しか入れないのでとても静かです。

 

隅々まで清掃されているし、空気もとても澄んでいました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105656j:plain
ヨーロッパの街並みや、アジアの熱気、ビーチリゾートの眩しい感じも好きなんだけれど、

 

何故か中東って、すごく、心惹かれる何かがあります。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105647j:plain
ところどころ石畳になっているので、ヒールだと歩きにくいかも。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105644j:plain
リゾート内どこを歩いても、非日常感。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105546j:plain
共有のプールも、景色が良くて素敵。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105551j:plain
プール近くのデッキチェア。

 

私は、ここのプールは利用せずでしたが、昼頃からはそこそこに賑わっていた記憶があります。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105601j:plain
絵画みたい。

 

 

ダイアナポイントへ

f:id:mia-travelista:20181125105608j:plain
アナンタラジャバルアフダルリゾート内には、1986年に故ダイアナ妃が降り立ったことに記念し「ダイアナポイント」と呼ばれる場所があります。

 

リゾート滞在者なら、誰でも入ることが可能。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105523j:plain
橋の向こう側が、そのダイアナポイントです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105530j:plain
ゆっくり歩きながら。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105534j:plain
このあたりの場所から、ダイアナ妃がジャバルアフダル山と村の景色を見下ろしたのだそう。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105536j:plain
ジャバルアフダルは、中東のグランドキャニオンとも呼ばれているんだって。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105539j:plain
ジャバルアフダル山と村。

 

夕暮れになると、ここに集まってサンセットを楽しむ人たちがちらほらいました。

 

リゾートのゲストしかいないので、人もそこまで多くないのも良かったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105628j:plain
夕暮れのダイアナポイントは、火が灯されます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105631j:plain
思う存分、サンセットを楽しむことができました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105625j:plain
遠くに見える村。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105612j:plain
夕日が沈んでいきます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125105622j:plain
景色を見ているだけで癒される。

 

 

f:id:mia-travelista:20181125114552j:plain

絶景を見に行くだけじゃなくて、絶景の中にのんびり泊まる。

 

毎日壮大な景色を前に、朝からコーヒーを飲んだり、昼間からのんびりプールで涼んでみたり、読書をしながらお昼寝してみたり。

 

鳥が飛んだり草木が揺れる様子、雲の流れを見てぼーっとしたり・・・

 

 

そんな過ごし方が好きな私たちにとっては、最高に素晴らしいリゾートでした。

 

遠いけれど、行って良かったな、と心から思えた場所です。

 


続き→アナンタラジャバルアフダルの空港送迎について

 

コメント