タイ国際航空 B747-400・ビジネスクラスアッパーデッキ搭乗記【バンコク→東京】

f:id:mia-travelista:20180327085109j:plain
タイ国際航空・ボーイング747-400ロイヤルシルククラス(=Cクラス)のアッパーデッキに搭乗してきました。席の詳細と、タイ国際航空でオススメの機内食について書きたいと思います。

 

(1) ビジネスクラス座席

f:id:mia-travelista:20180327085112j:plain
こちらが座席です。フルフラットではなく、170度リクライニングチェアです。シートピッチは約152センチ、幅は約51センチ(SeatGuruの情報より)

 

 

f:id:mia-travelista:20180327085115j:plain
2階席だけあり、いつもより目線が高い。せっかく写真撮ったけど、雨でぼんやり、高さが伝わらない写真になってしまった。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327085121j:plain
窓側の席だと、このような荷物を入れるスペースがあって便利。

 

背があまり高くない私は、座席上の荷物入れを使うのがあまり好きではないのと、手元に貴重品を置いておきたいので、このように座ったまま荷物を出し入れできる収納があるのは、とても有難いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327085125j:plain
USBポートは、真ん中テーブルの下の方にあります。その他、ヘッドフォン、テーブルなどは他の機材とあまり変わらないので省略します。

 

 

(2) おすすめの機内食

f:id:mia-travelista:20180327085128j:plain
タイ国際航空の機内食は、タイ料理、洋食、和食がありますが、辛いのが苦手じゃなければ、タイ料理が一番オススメで味が安定しています。

 

それから、乗る時間帯によってないこともあるのですが、もしクロワッサンがあれば是非食べてみてください。さくさくですごく美味しいです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327085132j:plain
食後のチーズ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327085136j:plain
チョコアイスのデザートと、タイ国際航空はデザートにもけっこう力を入れているのが嬉しい。アジア圏内の短距離線でも、デザートが充実しているエアラインなんです。金額もANA、JALなどに比べると安いし、食事も美味しいし、機材の使い勝手も良いし、私としては今後も積極的に利用したい航空会社です。

 

タイ国際航空 A350-900 ビジネスクラス搭乗記【東京→バンコク→シンガポール】
ずっと気になっていたタイ国際航空のエアバスの新型A350-900(A359)。2018年9月のシンガポール滞在のため、あえて乗り継ぎ便を利用して行ってきました。シンガポールといえばSQのA359もあり迷ったのですが、やっぱり安い方を(=`...

コメント