モルディブでチップはどうする?相場は?

f:id:mia-travelista:20180730202351j:plain
高いサービス料を支払うモルディブで、義務ではないチップを渡すのかどうかとても気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

今回は、ちょっと気になる?モルディブでのチップについて、個人的な感想ですが書いてみます。

 

 

(1) チップあり・なしだとサービスは違う?

私たちの経験からですが、ほとんど全てのリゾートで、チップを渡しても渡さなくても受けれるサービスは、変わらなかったです。

 

ビーチリゾートだと泳ぎますし、現金(チップ)を持ち歩かないことが多いので、どうしても渡し忘れてしまうこともありましたが、

 

皆さん渡しても渡さなくても、とても親切にしてくれました。

 

 

しかし・・・

2018年9月に訪れた6回目のモルディブ、セントレジスだけは例外でした。

 

今は改善しているかもしれませんが、リゾート全体がチップもらうのに対しかなり積極的なのに対し、サービスの質はどこよりも悪かったです。

 

 

私たちは、日本人バトラーの方に対し、送迎してもらったり、レストラン手配などしてもらうたびに8~20ドルほど、お礼として毎日渡していました。

 

しかしその方は機嫌が悪い時?など、不親切を超えた失礼な態度をとってきたり、手配もてきとうだったりと、チップの意味はまるでなかったな、と思いました。

 

 

なので、少しでもあれ?と思う出来事があったら、

たとえ、「これからよろしくお願いします。」という意味を込めてだとしても、チップを渡すのはいったんやめるべきなんだな、と思いました。

 

 

(2) チップを渡すなら?相場

f:id:mia-travelista:20180530094317j:plain
これは人それぞれなので、思った金額を渡すのが一番だと思っています。

 

チップなしでも、1ドルでも100ドルでも正解はないと思います。なので下記は参考程度にどうぞ。

 

 

清掃の方

→朝2~5ドル。

(ただし清掃は3人くらいで入るので、私たちはハウスキーピングの人数を確認し、×人数でそれぞれ置きます)

 

夕方のターンダウンでも同じく2~5ドルほど。

 

 

滅多にないのですが、ミライドゥのような親切なハウスキーピングと出会えれば、最終日には100ドル~を渡します。

 

清掃って大変な仕事だと思いますし、快適な部屋を提供してくれてありがとう、の気持ちを込めて、私は多めに渡します。

 

 

レストランスタッフ

→基本、朝・昼・夜と毎回2~4ドルくらい。素晴らしい対応をしてくれたら多めに。

 

 

シェフ

→よっぽど感動した時や、わざわざ挨拶にきてくれた時などは、多めに。

 

 

バトラー

→一般的なリゾートでは、私は最初の挨拶では10ドル~。そのあとは、都度お願いをするたびに8~20にしてます。

 

→到着前からバトラーが決まり、プランをたててくれるリゾートは3桁~にしてます。

 

一日分や滞在分まとめて渡すのでも良いと思いますし、日々渡すのもどちらでも良いと思います。

 

 

(3) 私のチップに対する考え方

旅行に行くお金があるのなら、彼らの給料を考えた際、少しでも渡してあげたいな、と思うんです。

 

モルディブでのディナーって、200ドルとかかかってしまうところも多いですし、そのディナーが数回増えたくらいの気持ちでチップを用意しています。

 

 

別にお金があるんです、とか気取っている、とかそういうわけではないのです(お金が有り余るほどあったら、毎日会う人全員に100ドルずつとか、1万ドルとか渡すだろうし)

 

 

しかしこれは人それぞれなので、渡したいと思った時に、渡したい金額を渡すのが一番良いかと思います。

 

5つ星だろうと1つ星だろうと関係なく、良いリゾートに行き素晴らしいスタッフに出会うと、渡したいと思える時が来ると思います。

 

f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain

 

 

(4) チップを渡す準備

ちなみに、モルディブでチップを渡そうと考えている方はUSドルを細かく両替していくと良いです。なるべく綺麗なお札(落書きがない、ボロボロじゃない)を持っていくと、より良いかと思います。

 

渡し方は世界共通のとおり、握手をする時にさっと。モルディブ人はイスラム教徒がほとんどなので、右手で渡すと良いです。

 

レストランだとサイン不要のモルディブリゾートもありますので、チェックに挟むというのができない・・・

 

そんな時は、話しかけてちょっと無駄話(?)して、最後に握手でさっと。

 

コメント