ANA B777-300 ビジネスクラス搭乗記【香港→羽田】NH860便

f:id:mia-travelista:20180830192523j:plain
2018年7月にベトナム・カムラン(ニャチャン国際空港)を訪れた際、香港を経由して行ってきました。

 

今回の香港→羽田のフライトはNH860便、機材はB777-300でアブレストは1-2-1でした。ブログを始めるまでは、機材とかそこまでこだわりがなかったのでうろ覚えなのですが、ANAのB777-300は初めての気がします。


 

(1) 座席

f:id:mia-travelista:20180830192528j:plain
選んだ座席は7列目のD, F。私たちは一番後ろの席が好きで、往路共に一番後ろをいつもとるのですが・・・・今回は真ん中並び列があいていなくまさかの一番前に。なんだか、一番前ってあまり好きじゃないんです。

 

f:id:mia-travelista:20180830192530j:plain
座席横にあるちょっとした収納スペース。ここにスマホ、パスポートなどをしまえます。

 

f:id:mia-travelista:20180830192455j:plain
スクリーン。

 

f:id:mia-travelista:20180830192453j:plain
足元は広いです。あまり長くない足を一生懸命伸ばして撮った図(↑)こういう写真撮っている時、CAさんと目があうと恥ずかしかったり(*´з`)

 

f:id:mia-travelista:20180830192448j:plain
広いサイドテーブル。比較にパスポート置いてみました。この間パスポート新しくしたばかりだからピカピカです。

 

f:id:mia-travelista:20180830192450j:plain
シートコントローラー。

 

(2) この機材でおすすめの席

f:id:mia-travelista:20180830192838j:plain
このB77Wですが、実は前後座席との間に隙間があるんです。↑分かりますか??これがけっこう気になる。

 

なんの映画見ているか後ろの人から見えちゃうし、ちょっと前のめりになって隣の夫と話そうとすると、後ろの人の顔もちらっと見えてしまうんですよ。さすがに後ろの人も落ち着かないだろうなぁと思ったので、ずっと枕で目張りしていました。

 

後ろから視線感じたくないといういう方は、一番後ろの席が良いかもしれません。

 

(3) 機内食

f:id:mia-travelista:20180830192459j:plain
気を取り直しまして、ANAお決まりのあられ。おつまみがあられなので・・・・飲み物は梅酒にしてみました。

 

f:id:mia-travelista:20180830192501j:plain
夕食の和食。ヘルシーでまぁまぁ美味しかった気がします。ANAは2018年Skytraxのトップエアライン10のうち、去年に続き3位なのですよね。ちなみに1位はシンガポール航空、2位はカタール航空です。

 

f:id:mia-travelista:20180830192504j:plain
洋食(↑夫の)。

 

f:id:mia-travelista:20180830192506j:plain
ハーゲンダッツ。お腹がいっぱいでも、ぺろっと食べれる不思議。香港→東京は気流も安定していて、とても快適なフライトでした。

 

話は全く変わり、かなりどうでもよい話なのですが、飛行機に乗った時ってパイロット、コパイロット、チーフキャビンアテンダントの紹介ってあるじゃないですか?以前アシアナ航空(確か)に乗った時、英語のアナウンスで「チーフキャビンアテンダントはピカチュウです」って言ってた気がするんですよ。

 

いまだに気になっていて・・・・本当どうでもいい話だけれど。

 

(4) 香港で利用したラウンジ

f:id:mia-travelista:20180830192520j:plain
香港で利用したラウンジはユナイテッドクラブのラウンジです。スターアライアンス便Cクラス利用時、香港で使えるラウンジはシンガポール航空提供のシルバークリスラウンジ、ユナイテッドクラブラウンジ、タイ国際航空ラウンジです。

 

3つとも同じような規模なのと、空港が広いので、搭乗ゲートに一番近いところを利用するのが良いかと思います。

 

f:id:mia-travelista:20180830192511j:plain
さらっと写真を撮っただけですが、ドリンクコーナー。

 

f:id:mia-travelista:20180830192515j:plain
サンドイッチ、フルーツなど。

 

f:id:mia-travelista:20180830192508j:plain
ユナイテッドラウンジはとても明るく開放的でした。

 

ちなみに、以前のブログでも書いていますが、通常、カムランやニャチャンへのアクセスは、ベトナム航空を利用しハノイ、ホーチミンなどで乗り換えとなりますが、ベトナム航空国内線の遅延率はけっこう高く、フライトの時間変更も多いため、私たちは香港を経由して飛んだのです(香港⇔カムラン国際空港間を週4便で香港エクスプレスが飛んでいます)

コメント