ワイトモで土ボタル鑑賞ツアー ラピュタ洞窟の世界@ニュージーランド

f:id:mia-travelista:20180325173611j:plain
2016年4~5月、ニュージーランドにある、有名な土ボタルが生息する洞窟へ行ってきました。

 

オークランド市内から車で約2時間半。ワイトモという場所にある洞窟の中は、無数の青い光・・・・天空の城ラピュタの洞窟そのものの世界でした。

 

 

(1) ワイトモへの行き方

ラピュタの世界のような洞窟は、オークランド市内から車で約2時間半、ワイトモという地域にあります。

 

洞窟へはツアーに申し込む必要があり、方法としては、

  1. バスやレンタカーなどで個人でワイトモまで行き、現地ツアーに申込む
  2. オークランド市内からの送迎込みツアーに申込む

の2通りです。私は送迎付きの②で行きました。

 

 

(2) 利用したツアー会社(送迎込み)

レンタカーで行くには遠すぎるし、バスもアクセスが不便という情報を事前に調べていたので、

 

私たちはオークランド市内ホテルからの送迎+洞窟ツアーがセットとなっている、ナビアウトドアツアーズを利用しました。

 

洞窟ツアー手配も、往復送迎も全部お任せなので安心、ドライバーの方も日本人で、とっても親切でした。

 

ちなみに、もしご自身でワイトモまで行くという方は、洞窟ツアーに自分で申し込みする必要があります。

 

 

(3) ツアー内容

私たちが参加した際は、

  1. 朝7時にホテルを出発→ワイトモ到着
  2. 洞窟&鍾乳洞の見学
  3. ランチ
  4. 夕方5時頃にオークランド市内へ戻る

という内容でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173552j:plain

ワイトモに着いた後は、さらに小型バスで20分ほど移動し、洞窟まで15分ほど歩きます。なんとも素晴らしい景色でハイキング!

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173555j:plain
道は比較的なだらかですが、滑り止めのついた歩きやすいスニーカーで行くと良いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173601j:plain
洞窟の前でライト付きヘルメットを渡され、ガイドに続き、いざ洞窟へ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173604j:plain
目が暗い所に慣れるまで、ヘルメットライトを頼りに歩きます。

 

洞窟をしばらく進むと川があり、ボートに乗せられます。ボートに乗ったらカメラ、携帯、ヘルメットライトは一切禁止、おしゃべりも禁止。

 

目が暗闇に慣れるのを待ちつつ、洞窟の中に流れる川を、さらにボートで進んでいきます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173607j:plain
目が暗闇に慣れると、今までは見えなかった土ボタルが一気に!

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173611j:plain
青い光の中、聞こえるのは川と滝の音だけです。この光の中、15分ほど滞在。

 

私の語彙力では、この世界観を表す完璧な言葉が見つからないのですが、「地球の神秘を目の当たりにする」や「宇宙にいるかのよう」、「無になる」という感じ?

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173614j:plain

最初、よく見えないな、あまり土ボタルがいないのかな、と思っていたところ、一気にたくさん見えるようになった感覚がとても不思議でした。

 

パズーとシータ気分。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325173618j:plain
来た道を戻り、現実の世界へ。洞窟を出るのが名残惜しいほど、素晴らしい場所でした。

 

 注意点

ワイトモの洞窟は複数ありますが、私が利用したのは写真撮影OK(途中まで)なスペルバウンド社が提供する洞窟ツアーです。

 

スペルバウンド社が連れて行ってくれる洞窟では、途中から写真撮影が禁止となります。

 

綺麗に撮れている写真は全部、スペルバウンドツアー参加者が無料でもらえる写真となります。

 

 

(4) 服装について

洞窟の中は水で塗れて滑りやすいので、滑り止めのついたスニーカーで行くと良いかと思います。

 

また、洞窟の中はけっこう(かなり)冷えるので、羽織ものもあると良いかと。私たちが訪れたのは5月でしたが、洞窟の中は秋の終わりかと思うほど寒かったです・・・

コメント