『侘桜のお夕食』 企画演出 by 分とく山 総料理長・野﨑氏

なんだか最近とっても忙しくて・・・だいぶ間があいてしまいましたが、侘桜の旅行記続きです。

 

お部屋でのんびり温泉につかった後、お食事が頂けるダイニングへと向かいます。※お部屋(半露天風呂付き和洋室)の様子についてはこちらをどうぞ。

 

 

 

ダイニングの様子「半個室」

侘桜のメインダイニングは1か所のみで、全て半個室仕様となっています。

 

ダイニング付きのお部屋に宿泊すると、お部屋でのお食事が可能とのこと。

 

次回はダイニング付きのお部屋を狙って予約したいと思います。

 

 

こんな感じの半個室。朝は窓から枯山水が見えるんですよ。

 

半個室とはいえそこまで防音は高くないので、大きな声で話す人の声はけっこう聞こえます。

 

でも私は誰かとふと目が合いそうなザ・オープン!なダイニングは好きではないので、半個室とはいえとっても有難いなと思いました。

 

 

一泊目のお夕食

侘桜のお食事は、ミシュラン二つ星のレストラン・南麻布『分とく山』の総料理長・野﨑氏が企画演出されているそうです。

 

2泊する場合は、1泊目との朝食・夕食も内容を変えて頂けるとのことで、2日間にわたってとっても美味しいお料理を堪能できました。

 

 

お料理もですが、器、箸置き、ナプキンとどれを見ても隙なし。

 

 

では、1泊目のお夕食のお品書きです。

 

座附・・・羽二重蒸し(蟹身、生雲丹、百合根)

 

茶碗蒸しに餡かけがかかっていて、山葵と柚子がちょこんと。まさにおいしさがしみわたる!という感じで体がぽかぽかと温まりました。

 

 

なんだか気分がよくなってしまって、お酒がほとんど飲めないのに日本酒を頼んでしまいました。

 

結局飲みきれなくて、お部屋に持ち帰ってよいかきいたところ快くOKと。その後毎日、チビチビと飲みました。

 

 

華やかな色合いの前菜は左から、

  • 生筋子生山葵
  • 蕎麦豆腐←濃厚でクリームみたいなくちどけで美味!
  • 真鯛、九条葱、若布
  • 貝柱雲丹焼き
  • 石川小芋
  • 銀杏

他にもなんか説明いただいた気がするのですが、いつものごとく忘れてしまいました。

 

 

御造り・・・真鯛、鮃、湯葉蒟蒻。

 

どれも新鮮で美味しいです。日本最高、お刺身美味しすぎる。

 

 

続いてメインは秋田牛。初めて食べましたが美味しかった。ポテトサラダも何もかもとっても美味しかったです。

 

 

メインが来たので終わりかと思いきや、もう一品。

 

強肴(しいざかな)・・・松茸煮奴っこ。中に入っている紅葉をかたどったお麩が綺麗。

 

 

お麩って良いですよね。私は日本帰国のたびに大量に買って持って帰ります。

 

少しぼろっと割れてしまうけれど、お味噌汁にいれたりするだけで美味しい。

 

 

お食事・・・北寄貝、焼椎茸のせいろご飯。

 

お腹いっぱいだけれど、和食なので不快なお腹いっぱいさじゃないんだよね、不思議。

 

 

水菓子・・・果物と洋ナシのシャーベットでした。スプーンもデザートフォークも可愛い!

 

 

二泊目のお夕食

二泊目のお食事は、座附・・・焼目真鯵、椎茸、白髪葱などがかぼすに入っています。

 

フレンチもとっても繊細だけれど、懐石料理もやっぱりすごく繊細ですよね。

 

 

前菜・・・秋刀魚の肝醤油焼き、白魚豊年揚げ、銀杏、白バイ貝、甘えび、無花果などなど(順不同)

 

この日も華やかで見ているだけでわくわくします。好きなんです、こういう沢山盛り付けされているの。目移りしちゃう。

 

どれが何か覚えていないのですが、やっぱり美味しかったです。

 

 

御造りは鮃。赤卸し、青ネギ、ポン酢とともに頂きます。

 

さっぱり淡泊で美味しい、お皿5枚分くらいは食べれそうなおいしさ。

 

 

メイン・・・カマスと比内地鶏。

 

こうやって旅行記を書いているだけでまた食べたくなります・・・。

 

 

米茄子の餡かけ。中にはアイナメ、しめじ、ヤングコーン(若玉蜀桼)など。

 

美味しくて野菜もたくさん。

 

 

お食事・・・あきたこまち新米。見てください、この艶!!甘くて美味しい。

 

朝食でもぴかぴかの新米がたくさん出てきて最高でした。

 

 

水菓子が入っている器もまた可愛い。

 

 

中身は、果物と南瓜プリン、白玉団子に黒蜜がかかったデザートでした。最高に美味しかったです。

 

最初から最後までとっても美味しいお料理で、ひさびさの日本ということもありとにかく日本の良さをしみじみと感じるお夕食でした。

 

 

侘桜の中は、おとぎ話のような世界です。

 

周りには自然だけなので本当に静か、ビルが見えたりなんかも、一切なし。

 

私好みの、とっても良いお宿を見つけてしまいました。・・・ということで、次は朝食編に続きます。

 

 

続き→侘桜の朝食
前回→和洋室のお部屋

 

 

後書き

今回の旅行で日本の良さに目ざめ、来年は日本旅行をしたいなと思い色んな宿をもう100件近く調べました。

 

私はこだわりが強すぎて、

  • 部屋からビルとか無機質な建物が見えるのは嫌
  • プライバシーがないのは論外
  • 温泉がお部屋についててほしい
  • お食事は部屋か個室
  • お庭ビューより、できれば木々とか山の風景がいい
  • トイレとか洗面台は新しいのが良い
  • 客室数は14以下。譲ってせめて25以下。

なんてしぼっていくと、候補にあがったお宿はなんと4つだけ(私がわがまますぎるのだ)

 

 

一度、石川県にあるべにや無何有を予約しかけたのですが、ダイニングが・・・・・・・・ザ・オープン!すぎて諦め。

 

里山十帖を予約しかけるも、内風呂なくて突然、露天風呂は寒い季節つらいなぁと諦め。

 

他にもよさげなところを何個か予約しかけるも、「え、部屋からビルが見えてる・・・!」とか、「なぜユニットバス?」とこだわりにとらわれすぎてしまって。

 

空きはないけれど、今気になるお宿が4つほどあるので、空くのを狙って行きたいななんて思ってます。

 

 

コメント