ミアサイゴン ミアスイート宿泊記 Mia Saigon – Luxury Boutique Hotel

アゼライカントーの旅行記はいったん置いておいて。

 

アゼライの次に訪れたミアサイゴンを訪れたのはなんと、もう1年以上も前の2020年2月。びっくり!

 

私が訪れた時点ではまぁまぁ良いホテルで、私は気に入りました。しかし、私の友人が最近訪れたところ、サービスがあまり良くなかったようなので、私のレビューは、コロナ以前のものと、あくまでもご参考程度にどうぞ。

 

 

(1) Mia Saigonの場所

ミアサイゴンは、ホーチミン中心部からは離れた2区に位置しています。

 

有名なベンタイン市場や観光スポットは1区に集まっているので、ホーチミン市内を歩き回りたい、という方には不便かも。

 

 

とはいえ、ホーチミンの2区は美味しいフレンチやカフェ、雑貨屋、お土産屋さんが沢山あるようなので、観光よりグルメや買い物~という方にはぴったりの場所だと思います。

 

ちなみに、1区⇔2区は車で30分ほど。Mia Saigon宿泊客は、無料の送迎クルーズもあるので、それを利用するのもあり。

 

 

(2) お部屋カテゴリー

Mia Saigonのお部屋カテゴリーは、大きく分けて3つ。

  • デラックスルーム
  • スイート
  • プレジデンシャルスイート

 

スイートの中にミアスイート、グランドスイート・・などいくつか細かいカテゴリーもあり。

 

 

ちなみに私たちが泊まったミアスイートは、エレベーター降りてすぐのところにあるため、人の歩く音、エレベーター待ちでの会話がけっこう聞こえ、ちょっと音が気になりました。

 

 

(3) リビングエリア

さて、ミアスイートのお部屋に入るとすぐにリビング&バーエリア。

 

バーエリアには水、コーヒーマシン、スナック類と、ホテルによくあるアメニティがそろっています。

 

 

ウェルカムフルーツの補充は1回のみ。

 

アゼライのみかんがとっても美味しかったけれど、Mia Saigonのみかんも美味しかった。2月はみかんの季節なのかな~。

 

日本で食べる、ちょっと高いみかんより甘くて美味しくて、びっくりしました。

 

 

こちらがリビング。窓が小さいのでけっこう暗いです。

 

写真で明るくしているだけで、実際はもうちょっと暗くて、若干圧迫感あり。

 

 

ウェルカムスイーツが置いてありました。どれも甘いけれど、量が少ないのでペロッと食べてしまった。

 

 

ウェルカムケーキ。

 

 

(4) ベッドルーム

続いてはベッドルームです。ベッドシーツは上質なコットン。シルクのような手触り。ブランドは多分、Catherine Denoualだと思う。その他、バスローブも同ブランドでした。

 

ベッドの上に置いてある帽子は、アマノイでもらったものです。

アマノイ旅行記 オーシャンプールヴィラに宿泊 Amanoi
2020年1~2月にかけ、6泊でアマノイを訪れてきました。宿泊したヴィラは、「オーシャンプールヴィラ」という専用プール付きのお部屋です。 リビング まずは入口です。私たちが泊まったヴィラは12番。草木でヴィラ...

 

 

ベッドの横にはちょっとした鏡台。

 

鏡台の両側にクローゼットがあるのですが、奥側のクローゼットの前にサイドテーブルがあり、動線が非常に悪い。

 

 

鏡は大きく使いやすいですが、長く滞在するには、鏡よりも大きなクローゼットが欲しいところ。

 

 

鏡の前にはドライヤー。

 

 

クローゼット①(奥側)。スーツケース置き場がびっくりするほど小さいです。

 

今回はベトナム周遊約3週間という長旅(バンヤンツリー→アマノイ→アゼライ→ホーチミン)

 

スーツケースも123リットルのを2つ、小さいスーツケースを1つ、旅行バッグも・・・という大荷物だったので、置き場に困りました。

 

 

このくらいのサイズのクローゼットが2個のみなので、2人以上、4泊以上滞在するには少し不便かもしれません。

 

 

(5) テラス

こちらがテラスです。

 

こう見ると広く見えるのですが、実際に出てみると、ソファやテーブルが置いてあるので、意外に動けるスペースはあまりなく。

 

 

リバービューです。びっくりしたのが、テラスでの喫煙OKだったこと。

 

このようなホテルタイプって隣が近いし、自分たちが吸わなくても隣から悪臭がきたりして、健康に良くないですよね。

 

最近は、テラスでも喫煙NGのリゾートが多いと思うのですが、国によってはまだあるようで驚きました。

 

 

奥側にはソファ。

 

 

反対側には鏡。テラスに鏡・・・?

 

 

天井にはファンがついているので良い感じ。

 

 

目の前の川では、朝・夕方にカヤックをしている人たちがいました。

 

2月のホーチミンはからっとした天気で、青空も多く過ごしやすかったです。

 

ずっと前に4月くらいに訪れた時は、溶けるかと思うほど暑かった記憶があり、2ヶ月でこうも変わるんだな、とまたまたびっくり。

 

 

(6) バスルーム

スイートのバスルームです。ダブルシンク、バスタブ、トイレ、シャワーと分かれていて使いやすい。

 

 

肌触りの良いバスローブ。それぞれ、Mr, Mrsと刺繍がしてあり可愛い。

 

ブランドはCatherine Denoualのもので、アマノイと一緒です。ミアサイゴンは、アメニティにはけっこう力を入れている印象を受けました。

 

アマノイ旅行記 オーシャンプールヴィラに宿泊 Amanoi
2020年1~2月にかけ、6泊でアマノイを訪れてきました。宿泊したヴィラは、「オーシャンプールヴィラ」という専用プール付きのお部屋です。 リビング まずは入口です。私たちが泊まったヴィラは12番。草木でヴィラ...

 

 

バスタブもけっこう広めで入りやすい。そして何故か、薔薇の花びらのお風呂が作ってありました!サプライズだそうです。

 

 

残念ながら、チェックインしてすぐにお風呂に入る気にはなれず、夕方までとっておくことに。

 

 

ダブルシンク。

 

 

左側がシャワー、右側がお手洗いです。

 

 

 

 

エコボトルが良い!しかも中身はモルトンブラウン(←香りからして多分)で嬉しい。

 

これもMrとMrsに分かれていて、Mrsのほうはピンクペッパー(ボディソープ)、シャンプーはインディアンクレスかなと思いました。

 

 

さて、夕方までとっておいた薔薇のお風呂は、

 

 

夜にお湯を足して入りました。シャワー、バスタブ共に湯量も問題なく、とても過ごしやすかったです。

 

 

(7) 共有プール

Mia Saigonのホテル内には、所々に可愛いブランコや椅子が置いてあったりと、まさにブティックホテルという感じ。

 

 

一応5つ星だそうですが、プールサイドが喫煙OKだったりと、ターゲット層がどこなのか、ちょっと曖昧な感じ。

 

ファミリー層向けにしては、パブリックエリアが喫煙OKなのはあり得ないし。迷走しているのか、それともあまり考えていないのかなぁ?

 

 

驚いたことは、プール横のレストラン(↑)のテラスも喫煙OKなので、窓が開いているとレストラン中が臭くなること。

 

私の友人(ハノイ在住)も最近ここを訪れたのですが、COVID19の影響もあり、ベトナム人ゲストがほとんど&喫煙率もかなり高かったようで。

 

部屋にいてもプールからタバコの臭いがする、と1日でチェックアウトしたそうです。

 

 

見た目は素敵なんだけれどね。でもさすがに煙草の臭いの中でくつろいだり、食べたりする気にはなれないもんね。

 

 

 

 

レストランが臭かったので、私は一度レストランでランチをとったきり、あとはお部屋で朝食にするか、ホーチミン市内へ食事に出かけていました。

 

ただこれは、その時一緒になるゲストの喫煙率によりますので、吸わないゲストばかりだったら快適に過ごせるかも。

 

 

お料理はけっこう美味しいです。

 

 

感想

行った時は、旅行中のわくわくで楽しい、良いホテルだな~!と思っていたんだけれど。

 

友人からのその後を聞いたり、細かいことを思い出しながら書いてみると、確かに、自信を持って勧められるホテルではないかも、と思いました。

 

とはいえ、あくまでも私の好みの問題なのと、行った時のゲスト喫煙率の高さにもよることなので、タバコなんて気にしないわーという方には、特にこれといった問題があるホテルではないと思います

 

このホテルでのランチ、スパについてはまた次回。

 

続き→ミアサイゴンのスパ

コメント