Wモルディブ 曇りの日の海の中はこんな感じでした

Wモルディブ

スコール後の曇りの日(風も波も落ち着いた後)にピンクのコースを泳いでみましたが、意外に透明度が高く、魚群もけっこういました。

 

雨期はもしかしたら風の強さで少し様子が異なるかもしれませんが、乾季の曇りの日の、海の様子を載せてみます。

 

 

とその前に、Wモルディブ6日目(5泊目)の朝は、こんなに晴れていたのに・・・

 

 

朝食後、いざもぐろうとしたら雲行きが怪しく・・・すぐに雨が降り始めたので、海に入るのを諦めてヴィラまで戻りました。

 

乾季なので30分くらいのスコール後にすぐやむかと思ったものの、午後2時くらいまで降りっぱなし。

 

乾季のモルディブで、4~5時間も雨が降り続けたのは経験がなく、やっぱり以前とは違うのかなぁと感じました。でもまぁこればかりはどうしようもないですからね!

 

 

とはいえ、なかなか降りやまない雨に、もやもやしてミニバーのポテトチップスやプリングルスを食べてみたり、ジュースを飲んでみたり。

 

そしてルームダイニングでオーダーしたピザ(←食べすぎ)が届く頃に、やっと雨が止み、少し晴れ間がさしてきました!

 

雨が止んだ後もさらに1時間ほど待ち、風の強さや雲が流れてくる側の空をチェックし、シュノーケリングへと出かけます。

 

 

最初のマップで載せた通り、この日はSIPバー近くのパッセージから入ります。

 

 

浅瀬で波の流れに問題がないかチェック。

 

雨の後だったから砂が舞っているかと思ったけれど、意外に落ち着いている!

 

 

これはコバンアジかな?体に点々がないからまだ幼魚なのかな。

 

体に点々のあるコバンアジはドロップオフでいつも群れていましたが、浅瀬にいるのは点々のない魚がほとんど。成長して大きくなるとドロップオフに住むのかな?

 

 

すぐにニモシティーに到着。

 

 

雨の後だからあまり期待していなかった透明度が、この通り。思ったより悪くないです。

 

さて、私がニモシティーニモシティーと言い続けているこのエリア、かなり離れたところから全体図を撮ってみました。

 

 

ピンクで囲ったところがイソギンチャクで、このほぼすべてにニモが住み着いています。

 

 

マークなしだとこんな感じ。

 

 

近くでみるとこの通り。

 

今まで訪れた&泳いだどのモルディブリゾートでも、こんなにニモの大群がいたのは初めてです。

 

 

ではしばし、ニモシティーの様子をご覧ください。

 

 

 

 

この一画だけで、既に50匹近くいます(数えてみた)

 

ということは、全体で250匹以上はニモがいるかと。

 

普通のハウスリーフだと、25匹のニモでも「わーすごい!!たくさんいる!!」と思うほどなのに、Wのニモたちはもはや、桁が違う(*´з`)

 

 

この距離でも映りきらないニモシティーなのでした。

 

 

ということで、全く見飽きないニモシティーですが、スパ側へと進みます。

 

 

オレンジの魚も綺麗だけれど、左下に映っているサンゴ?が不思議な形。

 

色が灰色なので、一瞬砂場か岩かと思うのですが、珊瑚がびっしり生息しています。

 

 

黒いお魚や、小さなお魚たち。

 

 

ダイブ中のカメもいました。

 

 

雨の後、曇りの中でも海の中はこんなに綺麗で、本当に嬉しくなる。

 

 

別のカメさん発見。

 

 

🐢「ここに美味しいご飯がある気がする」

 

 

🐢「うーん、とれないなぁ」と、勝手にカメの心を想像してみたり。

 

 

スパの前あたりに、巨大なゴマモンガラがいました。

 

 

このあたりにも魚がたくさんいて、じっくり観察したいところですが・・・ゴマモンがかなり大きくてさすがに怯む。

 

卵を守っている感じはしないけれど・・・・ゴマモンに目をつけられたら嫌なので距離を取りながら通過。

 

 

チョウチョウウオたち。

 

 

遠くにサメ。すると、

 

 

逃げるように、私の方へ向かってきた魚。

 

 

なぜか私の方に猛スピードでやってきて、

 

 

私の近くをぴたっと泳いでいました。なんか可愛い!!(*´ω`*)

 

 

いつものノコギリダイたち。

 

 

これはファントムバナーフィッシュかな。チョウチョウウオの一種だそうです by 私の魚図鑑。

 

 

赤い魚たちにも挨拶して、約1時間のシュノーケリングからあがります。

 

曇りとはいえども透明度もわりと高く、魚もけっこう見れました。でもやはり、太陽の光がさしている時の方が、海がキラキラして一番綺麗に見えます。

 

次の日が最終日なので、「明日は晴れますように!」

 

続き→Fireでのデザートと素敵なサプライズ
前回→SIPでディナー

 

コメント

  1. NB より:

    Miaさん こんにちは~

    ニモシティ、いつ見ても圧巻ですね。
    私も、今までのスノーケリングでも、ネット上でも、テレビなどでも、こんな大きなニモといそぎんちゃくのおうち、見たことないですよ。
    もし、そこにいたら、時間を忘れて、観察してしまいそうです。

    フヴァフェンフシに行かれたとのこと。フヴァフェンフシのハウスリーフも良いと聞いてはいましたが、このW以上の魚群とのこと。クダドゥやWなどのハウスリーフを経験されてるMiaさんがおっしゃるので、どんなにすごいのだろうと想像してしまいます。

    Wも、フヴァフェンフシ(リニューアルされてはいるものの)も、年数が少し経っていますよね。できた当時は、とても人気がありましたが、近年続々と新リゾートができる中、Miaさんが選択して行かれ、新たな魅力を思い立たせていただけて、ハッとする思いです。

    ミライドゥやジョアリビーイングを彷彿とさせるホスピタリティだったとのこと。
    とても魅力的ですね。
    あとは、景観でしょうか。

    今後、ゆっくりとご報告、楽しみにしてますね。

    追記
    私、変な所でコメント入れてたりするかもしれません。ネット上の暗黙の規則というかマナーに疎いので、失礼なことをしてたりしていたら、ごめんなさいね。そのときはご指摘、ご指導お願いします。
    また、スマホで入力すると、つい指が触れて、途中で送信されてしまったり(以前にもありました)、よく確認しないで、コメント入力してしまったりするのかもしれませんが、悪気はないので、ご容赦を!

    • Mia Mia より:

      NBさん、こんにちは。

      本当に、私もこんなに大きないそぎんちゃくとニモの大群は、見たことがなかったです。きっと、水族館にもなかなかいないだろう規模ですよね。

      フヴァフェンフシは昨年リノベーションが完了したばかりだからか、ヴィラもレストランもとっても綺麗でした。

      今回は南側のヴィラに滞在したのですが、最近2件の人工島リゾート建設が進み、遠くにではありますが見えました・・・。残念ながらポツンと系ではなかったです。

      実は今回シュノーケリングメインではなく、ゆっくりするために、ハウスリーフが「そこそこ良い」という噂のフヴァを選んだのですが、まさかのクダドゥレベルの魚群がいて、泳ぎすぎて全身筋肉痛になりました。笑

      はい♪気になる点もいくつかはあったので、これからの旅行記で書いていきたいと思います。

      ネット上の暗黙のマナーですか・・・私も疎いです( ;∀;)

      むしろ、いつもNBさんの言葉選びや優しいコメントにほっこり癒されている私です⁎ᵕᴗᵕ⁎

      もしかして前回の追記の件でしょうか。もしそうでしたらすみません!私の説明が足りませんでした。

      時系列でコメントを見ると、私がNBさんのコメントを承認し忘れていると思われてしまうかな、と思い、追記したまででした。誤解させてしまっていたら、申し訳ありません。

      私のブログでは、暗黙のルールなど特に何もないですし(そもそも本人が疎いので)、途中での送信も大丈夫ですので、そんなことお気になさらず!

      わざわざのご確認ありがとうございます߹ω߹

      • NB より:

        Miaさん

        温かいお言葉ありがとうございます。
        承認し忘れと思ってもいませんでした!
        よかったです。

        フヴァフェンフシは、リノベーション直後だったのですね。ヴィラもレストランもきれいで、予想以上のハウスリーフは、よかったですね~
        それにしても、筋肉痛になるほどのスノーケリングとは、すごいです。
        モルディブでは、つい食べ過ぎ傾向がありますが、それだけ泳げば、お痩せになって帰ってきてしまうのでは?
        島内、砂浜を歩くだけでも足が疲れるし、プラス泳ぐので、意外にも太らずに帰れますよね。

        ラグーンの美しい海で、ボーッと過ごす、ゆっくりすることを目的にするための島選び、わかりますー
        でも、全くお魚さんがいない島も。。。になるんですよね。
        今回は、そこそこのフヴァフェンフシがとてもよかったなんて、嬉しい誤算ですね!

        • Mia Mia より:

          NBさん、こんにちは。

          仰るとおり、モルディブは泳いで歩いて・・・と、私の中では唯一太らない旅行先です。笑

          しかし、今回はなんと!!ぽにょが増えていました߹ω߹

          フヴァはお料理やドリンクが驚くほど美味しくて、朝に昼にディナーにとせっせと食べていたからだと思います。

          思い出に浸りつつも、現実(体重計の数字と服のきつさ)を見つめ、頑張って減らしているところです。

          そうなんです!ラグーンを見てのんびりも素敵~と思うのですが、それだったらモルディブでなくて良いかも?と思う私もいます。

          毎回悩みながらも、やはり結局小さな島&ハウスリーフが良い島に惹かれるので、それが自分が求めるものなのかななんて思っている最近です˶•ᴗ•˶

  2. ルイ より:

    こんにちわ

    Mia様のおかげでWのハウスリーフがいきいきとしていると知れて思わず書き込みさせていただきました。

    コロナ前に泊まった時すばらしかったのであの思い出のハウスリーフが白骨化せずお魚も元気なのがうれしくなってしまいまして。

    素晴らしいお写真を拝見させていただきありがとうございます。

    • Mia Mia より:

      ルイ様、初めまして。

      コロナ前にWモルディブに滞在されたのですね。
      もしかしたら、ルイ様が以前出会ったカメや長生きの魚たちを、私は今回見かけているかもしれませんね。

      Wのサンゴ礁は非常に生き生きとしていて、魚やカメたちも元気に泳いでいました。難しいこととは思いつつも、ずっとあのような元気なリーフでいてほしいです。

      こちらこそ、何年もあの素晴らしいハウスリーフの状態が続いていることが知れてとても嬉しいです。ありがとうございます⁎ᵕᴗᵕ⁎