モルディブ無人島を貸し切った時の金額

f:id:mia-travelista:20180326172450j:plain
以前、モルディブで無人島を貸し切ったことを書いているためか、私のブログへの検索で多いのが、「モルディブ 無人島 貸切 金額」です。

 

普通の水上ヴィラでさえ1泊20万~とかのモルディブで無人島貸切って・・・ちょっと、いくらなのよ、何百、何千万とかかかるの?と思った方・・・実は、思ったよりお得に借りれるリゾートがあるんです。

 

(1) 私たちが貸し切ってみた無人島

f:id:mia-travelista:20180326172432j:plain
私たちが借りた無人島は、マーフシヴァルリゾートが保有する、ロヌボ島です。

 

マーフシヴァルリゾートは、マレから水上飛行機で約30分ほど飛んだ、アリ環礁というところにあります。アリ環礁は、モルディブの中でも特殊な位置にあり、通年ジンベイザメが見やすいスポットでもあるようです。

 

 

(2) モルディブの無人島・ロヌボ島とは?

f:id:mia-travelista:20180326172455j:plain
マーフシヴァルからロヌボ島へは船で5分。昼間は1日に3回無料送迎があり、マーフシヴァルリゾート滞在者なら、誰でも遊びに行ける島です。

 

さてこの無人島ですが、島には宿泊施設があり、夕方からは貸切が可能となります。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326172502j:plain
貸切の値段は最後に書くとして、昼間のロヌボ島に上陸すると、こんな感じ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326172505j:plain
驚くほど遠くまで透き通った海でのシュノーケルや、

 

 

f:id:mia-travelista:20180326172448j:plain
どこまでも続きそうな青いラグーンを、ほぼプライベートのように楽しめる島です。

 

 

(3) 貸切の金額

f:id:mia-travelista:20200525161733j:plain
さて、リゾート滞在者なら、昼間は誰でも楽しめるこちらの島を、

  1. 夕方から1泊で貸切か
  2. 夕方~夜中までの貸切

どちらかを選ぶことが可能です。

 

どちらも浜辺でのディナー付きで、夕方~夜中まで貸し切った場合は、ディナー、送迎混みで約12万ほど~となります。※別途、マーフシヴァルリゾートでの宿泊費はかかってしまいます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326172458j:plain
このロヌボ島にはプランクトンがたくさん生息していて、夜になると海辺が青く輝きます。

 

1月、9月と贅沢にも2回貸切にしてみましたが、雨期である9月の方がプランクトンが多かったです(↑私のカメラがしょぼくて撮りきれてませんけどね・・・・)

 

12万+マーフシヴァルでの宿泊費(合計で1回22万~)と決して安くはありませんが、プロポーズ、記念日・・・何かしらのイベントにモルディブの無人島で過ごせるのを考えると、どうでしょうか?思ったほどは高くないのではないでしょうか。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326172438j:plain
何より夜のモルディブ無人島は、空は満点の星空、海は青く輝くプランクトンで、現実の世界とは思えない美しさでした。でもカメラがしょぼくて画像が粗い(´;ω;`)

 

 

(4) 他にも

無人島に泊まらなくても、朝だけ、昼間だけ・・というのも今は、色んなリゾートで可能です。無人島も木々がある無人島や、サンドバンク、リーフが豊富な島など色んな楽しみ方もできます。

 

無人島に宿泊するより金額もお得なので、そちらもオススメです。

楽園!!プライベートサンドバンクで朝食 ミライドゥ モルディブ
モルディブのバア環礁に位置するスモール・ラグジュアリー・ホテル加盟のリゾート、ミライドゥにて無人島(サンドバンク)を貸切の朝食を楽しんできました。  前回のブログでもサンドバンクの写真を載せましたが、これです。これが全て貸切、二人締...

 

クダドゥの『ターコイズブルーラグーン朝食』を体験! Maldives
クダドゥモルディブの旅行記ですが、もはや5日目の朝となりました。この日の朝ごはんは、ターコイズブルーラグーンというセットアップをお願いしました。 ターコイズブルーラグーン朝食とはこの写真の通り、ブルーラグーンの海&ビーチにテーブルをセ...

 

憧れのサンドバンク貸切ツアー@モルディブ カンドゥル
3度目のモルディブで、初サンドバンクへ行ってきました。ちなみに、サンドバンクって、こんなところで、海の真ん中にポツンと、真っ白な砂の島がある場所です。SLH加盟のカンドゥル(カンドゥルドゥ/Kandolhu)から行けるサンドバンクツアーで...

コメント