ターキッシュエアラインズ A321-200 ビジネスクラス搭乗記【イスタンブール⇔ヘルシンキ】

f:id:mia-travelista:20180327160008j:plain
フィンランドを訪れた際、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)を利用しました。シンガポール⇔イスタンブール間はB77W(今度ご紹介します)、イスタンブール⇔ヘルシンキ間はA321-200の機材でした。

 
まずは、イスタンブール⇔ヘルシンキで利用したA321-200のレビューです。

 

(1) ビジネスクラス座席

f:id:mia-travelista:20180327160011j:plain
A321-200のアブレストは2-2。座席シート幅は約51センチ(Seatguruより)。ナローボディーの機材ですが、イスタンブール⇔ヘルシンキ間はたった3時間半のフライトなので、十分な広さです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327160017j:plain
足元もゆったり。座席シートも座った感じとてもゆったりしていて快適。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327155957j:plain
スクリーンは、肘置きのところから取り出すタイプ。

 
ただし、トルコ航空のエンターテイメントは、シンガポール⇔イスタンブール路線も含めあまり充実していないように感じました。私は機内で映画を見るのが大好きなので(特にマーベルスタジオの映画が大好き)、今回のフライトでは見たい映画がなく残念。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327160021j:plain
シートコントローラーは、肘置きの下。ちょっとボタンはかためです。フルフラットではもちろんなく、軽くリクライニングできる程度です。

 

(2) 機内食

f:id:mia-travelista:20180327160028j:plain
写真がぶれていますが、ウェルカムドリンクは全ての路線全て一緒。お酒ももらえるのかもしれませんが、私たちはアルコールがそこまで得意ではないので、このラズベリーとライムジュース(だったはず)をもらいました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327160001j:plain
短距離線でも、軽食とちゃんとした食事の間(表現力乏しい)くらいのお食事が提供されました。しかし・・・トルコ航空の機内食は、独特な味つけが多く、残念ながらスイーツ以外あまり口に合わず。けれど、せっかく作ってくれている人がいるので、当然残さず全て、感謝して食べました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327160004j:plain
バクラヴァ(トルコが起源と言われる、フィロという生地に、ナッツ類をはさんで焼き上げるスイーツ)は美味しかったです。今度書きますが、ロングホールのトルコ航空では機内スイーツビュッフェがあり、甘いもの好きにはとても楽しめるフライト&エアラインだな、と思いました。

 

(3) 感想

イスタンブール⇔ヘルシンキの短距離線のみで考えると、ちょっと微妙なエアラインとなってしまいますが、ロングホールは機材もフルフラットだったり、スイーツビュッフェがあったりと楽しめると思います。ただ、トルコの空港は広くカオスのようになっているので、ラウンジの場所を見つけるのにとても苦労しました。

 
個人的には、カタール、エミレーツ、エティハドの方がおすすめですが、金額によってはまたターキッシュもありかな、と思っています。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327155949j:plain
上空から憧れのトルコを。夫も私も、歴史が感じられる遺跡めぐりが大好きなので、いつかもっと平和になったら、トルコ、エジプト、ヨルダンの遺跡めぐりをしたいです。

コメント