写真が少ないけれど、マフシヴァルのハウスリーフ

f:id:mia-travelista:20180325185510j:plain
2014年9月に訪れたモルディブ・マフシヴァル(Maafushivaru)リゾートのハウスリーフ。前回訪れた時は、しょぼカメラだったので、UpgradeしたオリンパスToughでばっちりとってきました。

 
と思っていたけれど、なぜかデータが見つからず・・・・たくさん撮ったはずなのに、ほとんど写真がなかったという。。。(=`・´=)

 

f:id:mia-travelista:20180325185444j:plain
マフシヴァルはブルーラグーンも、豊かなハウスリーフも兼ね備えたリゾートで、浅瀬はこのようにブルーラグーンが続きますが、

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185510j:plain
少し奥へ行くとハウスリーフがなかなかにあります。

 
近くの無人島のロヌボ島に比べるとリーフの数は少ないですが(ドロップオフはのぞく)、それでも、なかなかに豊かなハウスリーフといえると思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185517j:plain
浅瀬では、白い魚がたくさん。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185450j:plain
2014年1月に訪れた際、私たちのヴィラの前にいたお魚。魚神様と名付けました。(カメラ目線)

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185447j:plain
9月に訪れた際、まさかの魚神様!?(カメラ目線再び)大きくなってました!模様もすっかり同じだし、ヴィラの前で私たちに挨拶をするように泳いでいました。ちょっと小さめの奥さん?も連れていて、可愛くてほっこり(=`ω´=)

 

 

f:id:mia-travelista:20180403203252j:plain
小さな龍宮城。

 
マーフシヴァルはジェティからもIN/OUTが可能なので、ドロップオフへのアクセスもとても簡単です。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185504j:plain
カメと色とりどりの魚たち。残念ながら、マフシヴァルのハウスリーフでは、カメは1匹しか見つけることができませんでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185458j:plain
可愛いお魚。みんな一生懸命生きてるんだよね。

 
珊瑚を踏む人たちとかたまに見かけますが、教養がなさすぎるし、本当にあり得ないです。モルディブに行くなら、当たり前のルールは守りたいですよね。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325185501j:plain
小さなリーフシャークもたくさん生息していました。抜群の透明度を求めるなら、マフシヴァル本島より、ロヌボ島の方がオススメですが、気軽にシュノーケルを楽しむなら、本島でも十分すぎるくらい楽しめると思います。

 
その日の気分で色々行けるのも、マフシヴァルリゾートの良いところだと思いました。エクスカーションツアーも充実していますし、南アリ環礁は年中ジンベイザメにも会いやすいし、カジュアルに楽しむにはもってこいのリゾートだなと思います。

コメント